当社のオウンドメディア制作方法

「ブログや記事をたくさん書けば良い」は大間違い。
結果が出るオウンドメディア制作の3つのポイントをご紹介。

当社の考えるオウンドメディアの「成功」とは?

  1. 1. サイトへの
    訪問者数が増える

  2. 2. 貴社の求める成果
    (認知/問い合わせなど)が出る

この2点を達成するためには制作方法が命と考えています。

その制作方法の3つのポイントをご紹介する前に、
成功したオウンドメディアとはどういうものかイメージをご紹介します。

成功したオウンドメディアイメージ

自然検索からの閲覧者

自然検索でブログ記事に閲覧者が訪れる。
ブログ記事が増えれば増えるほど、
訪問者の数や市場も増えていく。

閲覧者はオウンドメディアを通して
運営元と運営元が提供するサービスを認知する。

  • 運営元の認知が広がる
  • サービスの認知が広がる

つまり
オウンドメディアで成果を出すには、
『入り口となる読まれる記事を作成することが重要』なのです。

オウンドメディアは自然検索でブログ記事や情報に到達した人が、
情報を読み込むことで、運営元や運営元のサービスに興味をもつという仕組みとなっています。
もし、自然検索で到達した人が広告で来る人の数より増えた場合、
広告費ゼロで、サイトへの訪問者を増やすことができるため、
今かかっている広告費用が0円になることも、
大いにあるのです。

このようになると勝ち組! 自然検索の流入が増加し運用開始から半年で 広告費用0円に!

しかし
オウンドメディアは、作れば絶対に効果が出るとは限りません

  • 思ったより、ブログ記事に
    訪問してもらえない…。

  • 訪問者数が伸びない…。

  • 成果に結びつかない…。

など、様々な問題を抱えている方も多いのではないでしょうか。

Check Point
ドヤ顔せおくん

実はオウンドメディアの効果は、作り方によって随分違いが出てしまうのです…。
流行だからといって無闇に制作会社に依頼するのではなく、
制作会社が、どのような制作方法をとっているかを見極めることも、
成功するには重要なことです。

当社は、オウンドメディアを成功させるために、3つのポイント盛り込みながら作成しています。
では、成功するオウンドメディアのポイントについて、早速ご紹介していきましょう。

当社の制作方法 1

キーワードを徹底的に分析する

当社ではどのようなキーワードで上位表示を狙うかを戦略的に考えます。
狙うべきキーワードは2種類あります。

  1. 1. 比較的楽に上位表示を狙える
    可能性があるキーワードである

  2. 2. 問い合わせや申し込みなど、
    目的達成への貢献度が高いキーワードである

つまり、上位表示と問い合わせを狙えるキーワードを
役割別に分析することで、両方の成果を早期に達成させることができるのです。
では、続いてキーワードの分析方法を一部ご紹介いたします。

当社の戦略的キーワード分析方法

例えば

目的達成のために重要な
キーワードが「すし」の場合、
「すし」で一位を狙いたいですよね。

「すし」
しかし

「すし」というキーワードはライバルが多く、
後発で上位を狙うのは難しいのが
目に見えています。

▶たたかう にげる ぼうぎょ どうぐ
けつろん

「すし」で戦う必要はまったくありません!

攻略法

外堀を埋める作戦

「すし」に近い(類似)キーワードを複数制覇することで、「すし」のキーワードをGET!
周りのキーワードも制覇することでサイトとしても強くなる!

ライバルが多い「すし」ではなく、ライバルが少ない類語キーワードの「サーモン」「ほたて」「いか」「あじ」などを狙う

このように派生するキーワードを驚くほどピックアップし、狙いやすい順番でランク付けをしていきます。
こういった膨大な作業を戦略的に行うことで、
ライバル会社よりも上位に表示されやすいオウンドメディアを作ることができるのです。
この「驚くほどピックアップ」とはどんなレベルか、気になる方はぜひともお気軽にお問い合わせください。

当社の制作方法 2

閲覧者が何を求めているかを徹底的に知る

サイトのコンテンツを作成するときに、大半の企業様がやってしまいがちな間違いがあります。
それは…自社の強みやサービスばかりを記載してしまったり、一方的に情報を発信してしまうことです。

例えば

近頃肌荒れが気になる...。
治す方法を知りたい!

◎ GOOD!

閲覧者に寄り添った記事

閲覧者がどう感じるかまで
想像して記事を書き、共感を得る

肌荒れは頑張っている証拠!クーラーがひどい環境ではないですか?もしそうなら... → 共感
× BAD...

押し売り感満載の記事

発信者(サービスの提供側)が一方的に
情報を伝えてしまっている

肌荒れを治すなら○○成分配合の商品がおすすめ。その商品でおすすめなのが○○です!... → 押し付け感

世の中は、スマートフォンの普及などで、情報を選べる時代となっています。そんな中で企業やサービスを提供する側が、 一方的に発信を行ってしまうと、閲覧者は押し付けられている気持ちになってしまうのです。

つまり、
閲覧者が何を求めているかをつきとめる事が、
オウンドメディア成功の鍵と言っても過言ではありません。

閲覧者が求めている情報を
知るために、当社が行うこと

狙いたいキーワードと派生するキーワードを検索した際に表示されるライバル会社のサイトを全て目視でチェックします。
正直、とてつもない数のサイトを目で見ていきます…。

なぜ、そこまでライバル会社のサイトをチェックするかと言うと、Googleで上位に表示されるサイトは、閲覧者によく読まれているから上位に表示されているため、それらのサイトを見れば、閲覧者が求めている情報が何かを知ることができるからです。

ただライバル会社のサイトを眺めるだけではなく、そのサイトと狙いたいキーワードからターゲットとされる閲覧者の特性を読み解くことも重要です。

こうした、目視での作業で、本当に閲覧者が求めている情報が何かを分析することができるのです。

閲覧者の特性 狙いのキーワード 派生キーワード ライバルチェック

当社の制作方法 3

問い合わせが取れるCVライティング

オウンドメディアで一番気になるのがお客様の求める成果(認知/問い合わせなど)を達成できるか否かですよね。
訪問数が増えても、成果を達成できなければ赤字になってしまいます…。

そこでグレマジでは他社にはない
「成果を取るための記事」=「CVライティング」をご用意しています。

「CVをライティング」なんて聞いたことないよと思われたかもしれませんが、
そもそも、メジャーとなっているランディングページ(LP)などは文章を読ませて商品を買わせるテクニックを使っています。

LPが増えすぎて飽きられている昨今、記事のライティングによって「成果」を達成させることは今後必須です。

当社のCVライティングスキルとは

※CV(コンバージョン)=問い合わせなどの成果

当社はWebデザイン制作と、Webマーケティング運用を行う会社だけでなく、記事ライティングも行っています。
つまり
それら全てを組み合わせることで、成果に結びつける記事を作成することができるのです。

  • Webデザイン
    制作会社として
    もっている
    「魅せ方」スキル
  • Web
    マーケティング力
    によるCVへの
    計算された手法
  • 読ませるための
    ライティング
    テクニック
  • CVライティングの
    作成が可能

当社の制作方法 4

アップデートし続けるGoogleにあわせて
記事作成方針を見直し続ける

Webの世界は常に変化し続けているため、ついこの間までGoogle検索で上位表示されていたものが、Googleのアップデートにより、表示されなくなる…。
なんてことも多々ありますよね。

これはGoogleの数ある評価要因(良いサイトであるという評価)の内、閲覧者のニーズやWeb技術の変化をとおして新たな評価要因が増えたり、重要度が上下するなど、複雑な相互関係により起こってしまいます。
そのような最新の動向を把握しながら、オウンドメディアを運用し続けることは非常に大変なことですよね…。

またアップデート!?

当社では、古い知識のままオウンドメディアを運用することがないよう、最新情報を常に把握し続けています。
例えば最近重要度が高くなった評価要因は、

  • E-A-T(専門性、権威性、信頼性)
  • ページスピードやモバイル端末での利便性

などです。

どちらにしても、全ての評価要因は本当に閲覧者にとって価値があるのものなのかが指標であり、その精度も常に高まっています。
そこで、記事作成の際の重要なポイントは例えばこのようなものです。

  • 読みやすいように、
    画像を本文内にいくつか
    入れていく

  • 大量生産的に記事を書く
    のではなく、誰が書いたか
    わかるようにする

  • 閲覧者の目線で、
    閲覧者の気持ちにフォーカス
    した内容になっている

万が一、アップデートにより大幅に変わってしまったことを知らないまま運用を続けていると、
そこにかかる損失は非常に大きすぎますよね…。何よりもせっかくのコンテンツが非常にもったいないです。

このようなお悩みがある方は、お気軽にご相談ください

  • 最新の動向を把握しきれていない…
  • 自信を持って良質なコンテンツを提供しているはずなのに、なぜか伸び悩んでいる…
  • 何が正しいのかわからない…
タイトルとURLをコピーしました