オウンドメディア運用のながれ

「グレートマジテクノロジー」にご依頼いただいた場合、
どのようにオウンドメディア運用を進めていくのか…順番に見ていきましょう。

STEP 1

貴社のサービスのライバル会社と、閲覧者のニーズを調査し、
狙うべき最適なキーワードを決定します

Check Point

ライバル会社とキーワードの調査

例えば「大統領というキーワードで1位を狙いたいねん!…。」は、さすがに遠すぎる道のりですよね…。
まずは、ライバル会社を徹底的に調査して、最短で上位表示を狙えるキーワード群をみつけていきます。
もちろん、貴社の求める成果(認知/問い合わせなど)に、一番近いキーワードを狙っていきますが、欲しいキーワードの上位表示が現実的に難しい場合は、別の抜け穴がないかを探ることが、最も効果的な時間とお金の掛け方なのです。
当社では、そういった抜け穴キーワードや、将来検索数が上がりそうなキーワードも探し出します。

グレマジ式
キーワードの出し方

鬼のような形相で
鬼のような数を検証します。

ご依頼いただいた方には、
そのキーワードの数をお見せしますよ。

STEP 2

ご予算の中で戦略を決める

Check Point

ご予算の決定と目標達成の目安を共有

貴社が、オウンドメディアにかけられるご予算をお伝えください。
オウンドメディア運用は、毎月記事を書いて情報を公開していくことが主軸ですので、
ご予算に応じて記事の本数などをコントロールすることができます。
「予算ありきではなく、結果ありきで考えたい!で、いくらなの…?」というお客様も、
どの程度の予算をかければ結果が見えてくるかを担当者がきちんと調査し、ご説明いたしますのでご安心ください。

STEP 3

ご依頼の方のみ、Webサイトを作成いたします

Check Point

もっと効果を出したいのでオウンドメディアに適したWebサイトがほしい

オウンドメディア用のWebサイトを新しく持ちたい方は、この時点で制作着手を行っていきます。
もし、今お持ちのWebサイトを活かしたいとお考えで、今のWebサイトでも最大限結果が出るか不安な方は、
担当者が「サイト診断」を行いますので、お気軽にご相談ください。

STEP 4

早速、記事を書いていきましょう

Check Point

貴社のスタンスや、使ってはいけない言葉なども教えてください

ここでは自社で書きます派と、全てお任せします派をお選びできます。
自社で書かれる方は、どうやったら上位表示される記事を書けるかを、当社の担当者がきちんとレクチャーいたします。
これは一生使える技術となりますので、ぜひともご活用ください。
「時間がないから全てお任せします」という方ももちろん承ります。
その場合は、貴社のイメージを壊さないようにきちんとスタンスや方向性の共有をさせていただきながら、
こちらで記事作成を進めていきますのでご安心ください。

そして、順調にいけば…
早ければ3ヶ月、遅くても10ヶ月で
市場が広がっていきます

健康系サイトのページビュー実績の一例 1年間 942,449PV/月

当社AI事業のSEO上位表示実績の一例

※2018年11月1日現在

  • AI FX
  • 人工知能 人生
  • 人工知能 危険
  • マイクロチップ 人間
  • 人工知能 IoT
  • 秘書 アプリ
  • マイクロチップAI
  • 人工知能 子供向け
  • ディープラーニング 株
  • AI 怖い
  • AI IoT
  • ペッパー AI
ドヤ顔せおくん

ここがグレマジのすごいとこ。
数字が上がったとしても気を抜かない!

見直しはとても重要です。なぜなら

ただ書いて記事を増やすだけでは
成果には結びつきにくいのです

※成果=お客様の求める成果(認知/問い合わせなど)

STEP 5

達成率と、CVライティングの見直し

※CV(コンバージョン)ライティング=お客様が求める成果を達成するために閲覧者を誘導する戦略的な記事作成のこと。

Check Point

当社にとって数字が上がるのはあたりまえ。
成果に結びつけるためにどうするかを検証するのが重要です。

グレマジでは狙ったキーワードの上位表示達成は当たり前。
その後、いかにお客様が求める成果(認知/問い合わせなど)に結びつけるかを考えます。
そのためにやらなければならないことは、3ヶ月に一度の徹底的な見直しです。

何をどう見直すのか気になる方、CVライティングとは何?と思った方、
詳しくは「当社のオウンドメディア制作方法」をご確認ください。

見直しをしてわかること

  • 狙っているキーワードがどの程度上位にきたかがわかる

  • どんな内容の記事が多く読まれているかがわかり、ユーザー心理を知る事ができる

  • すぐに離脱してしまっている記事がわかるため、修正することができる

  • サイトの設計上、閲覧者が使いにくくないか、迷っていないかなどもわかる

つまり
このような感じでPDCAが行われます

狙っているキーワードの上位表示率、キラーコンテンツをチェックし、随時記事の修正や強化をすることで成果の取りこぼしを防ぎます

これを繰り返すことで
Webサイト自体がとても強くなっていきます

これが、グレマジ的オウンドメディア運用の概略です
当社にお任せいただければ、貴社のWebサイトを強く育てます

タイトルとURLをコピーしました